風俗嬢の給料の相場と給料を増やすための知識のまとめ

先行き不透明な昨今、短時間で高い給料が貰えることから風俗嬢になる女性は珍しくありません。

現在の風俗嬢の平均収入は30万円と言われていますが、アルバイトや会社員の初任給と比べたら高額ですが、現役期間が長くないと言われている職種だけに生涯賃金を稼げるほどではないでしょう。

 

「学費を稼ぐため」、「生活費の足しにするため」、風俗嬢になる女性の事情は様々ですが、その給料の仕組みはどうなっているのか、これから風俗嬢を目指す方にとっては気になるところです。

そこで今回の記事では、風俗嬢の給料の相場や取り決め、より高額な給料を稼ぐためにはどうすればいいのかについてまとめてみました。

※風俗の税金の支払いはどうなっているの?

風俗と税金、確定申告の関係について詳しくはこちら

 

風俗嬢の給料の取り決めのシステム

電卓

風俗嬢がどれくらいの給料をもらっているのかについて紹介していきますが、その前に一般的な風俗業界の給料の取り決めについて紹介していきます。

 

風俗嬢の給料は完全歩合制

まず、基本的に風俗嬢の給料は、いかに固定客の数を増やせるのか、完全歩合制です。

お客さんが支払った料金から50%〜70%の割合(バック率)で風俗嬢に給料が支払われますが、このバック率は最低でも50%と言われており、出勤日数、指名の数に比例して上がる仕組みになっております。

バックのシステムについてはこちら

 

指名料やオプションは給料へ還元

さらに風俗では風俗嬢を特定で指名した場合には指名料、オプションとして用意されたプレイを風俗嬢に注文した場合はオプション料を別途で支払わなければなりません。

そして、これらの指名料、オプション料は風俗嬢の給料に還元される仕組みです。

 

オプションによって異なるバック率

オプションプレイには、電マ、ローター、聖水、パンスト破り、ディープキス、素股、口内射精などがありますが、各オプションによって料金やバック率は異なります。

このオプションについてはNG項目を設けることも可能です。しかしながら、一般的な風俗嬢がNGにするオプションほど料金にバック率は高い傾向にあり、オプション料金は1,000円~20,000円までと料金の幅は広く設定されております。

 

また、指名料、オプションのバック率は、50%~100%が相場だと思ってください。

 

給料の例

例えばですが、60分20,000円のコースを注文したお客さんが、指名(指名料2,000円と仮定)をした上に、オプションとして素股(10,000円と仮定)を注文したとします。

バック率を50%に統一した場合、(20,000円+2,000円+10,000円)÷2=16,000円が風俗嬢に支払われる給料です。

 

雑費による給料の天引き

風俗店によって取り決めは異なりますが、風俗には雑費代が給料から天引きされる場合があります。つまりは、衣装のクリーニング代、送迎、イソジン、タオルの費用が、風俗嬢の給料から引かれるということです。

 

大体、一人のお客さんにつき、1,000円〜3,000円ぐらいが目安になりますが、最近では雑費代を天引きをしないお店も増えているのでお店を選ぶ際はよく検討しましょう。

雑費について詳しくはこちら

 

欠勤による給料の天引き

また、これもお店によりけりですが、当日に欠勤した場合、罰金としてお店から徴収される場合があります。大体、3,000円〜5,000円ぐらいが目安になりますが、お店によっては欠勤に関する罰金がありません。

罰金制度について詳しくはこちら

 

業種別、風俗嬢の給料の相場

給料明細

風俗嬢と一言で括っても、実際のところ、箱ヘル、デリヘル、ピンサロ、SMクラブなど種類は様々です。各業種における風俗嬢の給料の相場について確認していきましょう。

 

ソープランド

風俗の中でも、一番、高収入なのがソープランドです。

大体、1日あたり4万円〜12万円が相場を目安に考えてください。収入に差が開くのは、他の風俗店と比べて年配の女性でも需要があるからです。

 

格安店で働くことになりますが、格安店でも数万円前後は稼げると言われています。ソープ嬢の収入について詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

ソープ嬢の収入事情について詳しくはこちら

 

箱ヘル(ファッションヘルス)

まず箱ヘルのバック率の平均が50%〜60%になりますが、45分コースで6,000円〜8,000円、60分コースで8,000円〜10,000円がバック金額の相場です。

また、日給に換算すると(6時間勤務)、51,000円、週3〜4日勤めた場合、月給に換算すると720,000円の給料が平均してもらえます。

 

箱ヘルの特徴

箱ヘルで働くメリットは、デリヘルと比べてお客さんの自宅まで足を運ぶ必要がないため、移動時間によるロスタイムがなく指名の数によっては効率的に稼げるとこです。

その一方、フリーのお客さんの数が多いため指名料がないことや、営業時間がデリヘルと比べて短い(0時に終了)するところがデメリットと言えます。

 

また、デリヘルと比べて注文するコースの時間が短い傾向にあります。

 

デリヘル(デリバリーヘルス)

その一方、デリヘルにおけるバック率の平均は40%~60%、60分あたりで9,000円~12,000円がバック金額の相場です。同じく1日6時間働いた場合の日給は平均して50,000円、月給に換算(週3〜4日)すると740,000円の給料を平均して稼ぐことができます。

 

デリヘルの特徴

デリヘルで働くメリットとしては、本指名のお客さんが多く、90分以上のロングコースを利用するお客さんが多いところです。デメリットとしては、移動時間によるロスタイム(約30分)があげられます。

 

ピンサロ(ピンクサロン)

ピンサロが他の風俗店と異なるところは、風俗嬢の給料のシステムです。一般的な風俗店が完全歩合制なのに対し、ピンサロでは時給制となっているため全く稼げないということがありません。

平均時給は大体2,000円~4,000円になりますが、お客さん一人あたりの接客につき(30分)、接客バックが1,000円〜3,000円、指名バックが1,000円〜3,000円を貰うことができ、固定客が多い風俗嬢に関しては時給を上げてもらえる傾向にあります。

 

1日6時間あたりの日給は20,000円、週3〜4日で働いた場合、月給は30万円が風俗嬢の貰える給料の相場です。

 

SMクラブ

SM

SMクラブに関しては、女王様(S)とM嬢によって給料の相場が異なります。女王様に関しては60分あたり10000円~14000円、M嬢に関しては9000円~12000円がバック金額の相場です。

また、日給(1日6時間)に関しては60000円、月給(週3〜4日)に関しては80万円〜90万円を目安にしてください。

 

オプション次第でM嬢の方が稼げる

一般的にSMクラブにおいては、女王様のバック金額の方が高い傾向にありますが、オプションの内容次第ではM嬢の方が高い給料を貰うことは可能です。

オプションにはソフトなものからハードなものまでありますが、幅広くサービスを提供できるようになると高い給料が稼げるようになります。

 

SMクラブのデメリット

また、SMクラブのデメリットは、プレイの内容によって専用のグッツを揃える必要があるため他の風俗嬢と比べると雑費による天引きが高額な傾向にあるところです。

お店によって取り決めが異なるため一概には言えませんが、問い合わせや面接の段階で事前に確認しましょう。

 

風俗嬢が給料アップのために必要なこと

では最後に風俗嬢が高い給料を貰うために必要なことについて紹介していきます。

 

シフトをある程度は固定する

カレンダー

まず風俗嬢が高い給料を確保するために必要なことは、いかに固定客を増やしていくかであり、そのために決まった曜日と時間帯に出勤することです。初めの内から、不定期な出勤で働いていると固定のお客さんは増えません。

人気風俗嬢になれば話は別ですが、まずはお客さんから認識して貰うことが第一歩であり、同じ曜日、時間帯に出勤することでお馴染みの風俗嬢として認識してもらいましょう。

 

接客のレベルを上げる

接客のレベルを上げることも高収入を得る上で大切です。

  • 基本のサービスに力を入れる
  • 笑顔を欠かさない
  • お客さんによって態度を変えない

などを見直すと接客が改善されます。

接客レベルを上げるコツはこちら

 

日頃からの美容のメンテナンス

風俗嬢を長く続けていくのであれば、日頃からの美容のケアは必須項目です。年齢と共に、顔やスタイルは劣化しやすくなりますが、長く現役を続ける意味でも高い美意識が欠かせません。

 

また将来、年増の風俗嬢を専門とするお店で働くことになっても、他の風俗嬢と差別化を図る意味で、肌のハリやプロポーションによって頭一つ飛びぬけることができます。

指名が増えるメイクのコツを知りたい方はこちら

 

女性としての自信を持つ

そして美容と同様に、風俗嬢は常に女性として見られているという意識を持つべきです。

節操のない言い方に聞こえるかもしれませんが、風俗嬢における営業スキルとは、いかに男性客から恋愛対象として見られるかであり、そのためには「自分はいい女である」という自信を常に持ちましょう。

そしてプライベートにおいてもなるべくは女性としてのプライドを持った上で、男性と接すると業務上の接客にも反映されます。

 

地方の風俗店・格安ソープ店で働く

また、地方の風俗店ではそこまで女性の容姿のレベルは高くありません。そのため都心で働くのが難しい年齢になった方は、地方の風俗店で働くのも一つの手です。

また、ソープ店は本番行為が許されるため、お客さんからそこまでの容姿は求められません。格安店であれば40歳以上の女性でも需要はあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。風俗嬢の方、これから風俗嬢を目指す方が当記事を参考にしていただけたらと思います。また、風俗嬢は長年、安定して高い給料が保証されたお仕事ではありません。

そのため、なるべく稼いだお金は貯金や、将来の自分へ投資することをオススメします。

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.