ヘルスの仕事内容とデリヘル・ホテヘル・箱ヘルの違いについて解説

「ヘルスのお仕事はどのようなことをするのか?」これからヘルスで働きたいと考える女の子であれば、当然気になるところでしょう。

ヘルスはキス・フェラチオ・素股などの性交渉以外の性的なサービスを提供する風俗ですが、中には経営者側に内緒で、お客さんからのチップ目当てに性交渉を行う女の子もいます。

 

サービスをする場所の違いでデリバリーヘルス・ホテルヘルス・ファッションヘルスと細分化されますが、働きかたに特徴はあれどどれも高収入であることは間違いありません。

今回はそんなヘルスのお仕事について、詳しく解説していきましょう。

ヘルスの面接内容について詳しくはこちら

 

ヘルスの営業形態は主に3種類

冒頭でも記述したとおり、ヘルスには主に以下の3種類があります。

 

デリバリーヘルスとは?

通称「デリヘル」と呼ばれており、お店を構えているわけではなく、電話で受付を行い、男性客の自宅か男性客の泊まるホテルに出向いて恋人感覚でイチャイチャしながら性的なサービスを行うのが特徴になります。

 

待ち合わせして向かうときには、ちょっとしたデート感覚を楽しんでもらうこともあります。無店舗型ヘルスの代表格で、近年店舗数が急激に増加してきており、デリヘルで働きたいという女の子も非常に多いです。

接客時間お給料相場
60~120分1日/3~10万円

 

デリバリーヘルスのメリット

  • 送迎がある
  • 深夜に働ける
  • 自由出勤制が多い
  • プレイ時間が長いために効率よく稼げる
  • 漫画喫茶や自宅で待機できる

参照:「必見!デリヘルで働く8つのメリットと3つのデメリット

 

ホテルヘルスとは?

通称「ホテヘル」と呼ばれており、受付を行うためのお店を構えていて、近隣のラブホテルやレンタルルーム限定で性的なサービスを行います。

移動が少ないためにたくさん数をこなすことができ、お客さんも自分が好きなホテルを選んで遊べるという点では人気となっています。

 

風営法により営業時間が24時までに規制されていますが、24時以降はデリバリーヘルスとして営業しているお店もあります。

接客時間お給料相場
50~100分1日/3~10万円

 

ホテルヘルスのメリット

  • 清掃の必要がない
  • 移動時間のロスが少ない
  • 受付があるので面倒なお客さんが少ない
  • 早い時間帯はリッチなお客さんが多い

 

店舗型ヘルスとは?

通称「箱ヘル」「ファッションヘルス」と呼ばれており、お店を構えていて、その中にあるプレイルームで性的なサービスを行います。

お店によってはコスプレやイメプレ、マットプレイといったサービスを行っていることもあります。

 

ホテル代がかからずに安価なためにお客さんは気軽に立ち寄ることができます。風営法により営業時間が24時までに規制されており、近年では店舗型ヘルスの出店は減少傾向にあります。

店舗型ヘルスは、女の子1人につき1部屋用意されますが、部屋数が限られているので、ドタキャン、遅刻癖ある人には向きません。

 

接客時間お給料相場
40~90分1日/3~10万円

 

店舗型ヘルスのメリット

  • 出張する必要がないため効率良く稼げる
  • スタッフが個室のすぐ近くにいてくれるので安心
  • スタッフから稼ぐためのアドバイスをもらえる

 

ヘルスの主な仕事内容

ヘルスでの仕事内容は、性的サービスで相手をいかせてあげることです。本番までは行う必要はありませんが、基本サービスとしては、以下のプレイはこなせる必要があります。

【基本サービス】

  • キス
  • 乳首舐め
  • フェラ
  • 69
  • 素股

※店舗によって基本サービスの内容は異なるので、詳しくは各店舗に問い合わせください。

加えて、以下のサービスはオプションとしてオーダーがあった場合、別料金で対応します。

  • 電マ
  • パンスト破り
  • ローター
  • ディープキス
  • 聖水(放尿プレイ)
  • 口内発射

※オプションはNG指定が可能です。

オプションについて詳しくはこちら

これらのサービスに加え、相手のシャワーで身体を洗ってあげたり、サービスの時間が終わるまで雑談に付き合ったりするのもヘルス嬢の仕事です。

 

ヘルスの仕事の流れ

最後にヘルスの仕事の流れを確認しましょう。

 

①出勤

デリヘルはホテヘルの場合、ビルやマンションに事務所が構えています。出勤すると事務所内にある待機所でお客さんからの指名を待ちます。

店舗型ヘルスの場合、一人一部屋用意されているので、持ち部屋にてお客からの指名を待ちます。出勤するとまず予約状況を確認した上で、ローションなどの備品の補充を行なうのが一般的です。

 

②予約が入る

予約が入るとスタッフから電話が入ります。電話口では①指名客かフリーのお客さんか、②コース時間などを伝えられます。

 

③お客さんとの顔合わせ

 

ホテヘルの場合

ホテヘルでは、予約が入ると待機所から、ホテルの入り口など待ち合わせ場所へ待ち合わせた時間に向かうか、お客が待機しているホテルへ直接向かいます。

 

デリヘルの場合

デリヘルでは直接、お客のいる自宅またはホテルの部屋へ向かいます。目的地まではスタッフが送迎します。

 

箱ヘルの場合

箱ヘルの場合、お客が直接、お店まで出向くまで階段下までお客を迎えに行きます。

 

④入室

お客さんと顔を合わせ部屋へ入室したら、新規で注文されたオプションの内容やコース時間についてスタッフへ報告します。

 

⑤プレイ開始

スタッフへの報告が済んだら、お客さんとシャワーを浴びます。お客さんが着用していたコートやジャケットはハンガーにかけてあげるのが一般的です。

シャワーが終わったらプレイが始まります。

 

⑥退室

プレイが終わったらお客さんとシャワーを浴び、スタッフへ終わったことを報告します。

 

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。ヘルスにも様々な種類があるということがおわかりいただけたかと思います。

本業とは別に副業として働いている女の子が比較的多いですが、本業にすれば月収100万円以上も夢ではありません。自分にあった働き方をして、効率良く高収入をゲットしましょう。

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.