風俗嬢の面接における当日の段取りと採用に必要な事前準備

これから風俗の面接を控える女性の多くは、『変なことされないか』『不採用にならないか』など不安になると思います。この記事では、風俗の面接がどんな感じで行われるのか、面接で採用されるコツ、面接後の流れについて紹介します。

 

・▷採用を断るコツについて詳しくはこちら
・▷面接会場遠い人にオススメの出張面接

 

風俗店における面接に関する事前知識

風俗の面接の当日に備えて、①当日の持ち物、②質問内容、③面接場所、④採用担当者について紹介します。

 

持ち物

当日は履歴書を持参する必要はありませんが、免許証など年齢確認できる身分証は必要になります。また、面接官の心象をよくするためにも、ノートや筆記用具があるとよいかもしれません。

風俗で有効な身分証と身分証の取得方法についてはこちら

 

またお店によっては、ドレスやキャミソールを持参するように言われるそうです。※出勤した時にどんなビジュアルになるのか確認するためです。

 

面接場所

ファッションヘルスやソープランドのような店舗型風俗の多くは、店舗内で面接が行われます。

 

一方、デリヘルのような無店舗型ヘルスの多くは、マンションやビルの一室に事務所があるので、そこで面接が行われることが多いですが、喫茶店で行われることもあります。

 
面接会場遠い人にオススメの出張面接

質問内容

面接で質問される主な内容は、以下のとおりになります。

■基本情報

  • 希望の給与額
  • 連絡の繋がる電話番号・メールアドレス
  • 仕事開始日
  • 週〜で働けるのか
  • スリーサイズ
  • 経験のある風俗の業種

■バレ・アリバイ対策について

  • 彼氏・旦那はいるのかなど家族構成
  • デリバリーNGの地域(※デリヘルの場合)
  • 雑誌・ネットでの顔出し可能か

■できるプレイとできないプレイ

  • 得意なプレイ
  • オプションNG(苦手なプレイ)の確認

 

面接担当者

基本は店長が面接を行います。

 

風俗嬢の面接当日の流れ

続いて風俗嬢の面接当日の流れを確認しましょう。

 

①待ち合わせ

風俗店の面接では、直接会場(事務所または喫茶店)が集合場所になることもありますが、最寄りの駅までスタッフが迎えに来てくれることも多いです。

 

スタッフは面接以外のお仕事もしているため、待ち合わせ場所に到着する10分前に連絡を入れるように言われます。

 

②面接書類の記載

会場に到着したら、

  • 可能なプレイとNGプレイのチェックリスト
  • 性病検査の内容
  • お客さん女の子の禁止事項
  • 料金表

など必要な書類が渡され、女の子は『可能なプレイとNGプレイのチェックリスト』にチェックを記載します。

 

③面接開始

一通り書類を記載したら面接開始です。店舗によって異なりますが、面接では『質問内容』で紹介した内容を質問されます。

 

④解散

一通り質問の受け答えが終われば、面接は終了です。お店や女の子によっては、その場で採用が決まることもあります。採用の場合は、『業務委託契約書』や『接客マニュアル』などの書類が渡されるでしょう。

 

風俗の面接で確認しておくべき点!

『給料が思ったより安かった』『罰金取られるなんて知らなかった』『性病対策がいい加減だった』など後のトラブルを回避するためにも、面接では以下の点を確認しましょう。

  • 給料システム(サービス料に対して〜%バックされるのか)の内容
  • 給料保証はどうなっているのか
  • 罰金があるのか
  • 衛生対策(性病検査)はどうなっているのか
  • バレ対策(アリバイ会社が併設されているのか)
  • 待機所があるのか(※希望の方のみ)

 

また、面接で聞いた内容が本当かどうかはわかりません。そのため採用時には契約書で内容を確認したり、待機所が本当にあるのか写真を見せてもらうようにしましょう。

 

風俗嬢の面接では変なことされないの?

中には風俗嬢の面接で変なことされないか不安になる女性もいるでしょう。

 

多くの風俗店では実技はやる必要はない!

特に当日、風俗でやるプレイをやらされることを不安に感じる女性は少なくありません。ですが多くの風俗店では面接で実技を求められることはありません。

 

講習はDVDで実施されることが多い

採用が決まると講習が行われますが、ソープランド以外の風俗のほとんどはDVDで講習が行われます。また、ソープランドに関しても、講習は女性の風俗嬢が行うことがほとんどです。

 

どうしても不安な女性は、『本日は話を聞くだけに参りました。他店舗とも比較したいので、後日連絡させてください。』と採用担当者に伝えておきましょう。

本当に後日確認したいことがあれば、担当者と連絡先を交換しておきましょう。

講習内容について詳しくはこちら

 

採用担当者は強面ではない?

面接では強面な男達に囲われるイメージを持たれる方もいますが、面接は採用担当者である店長と1対1で行われます。また、店長の見た目は一般のサラリーマンと変わりません。

 

風俗店の店長は、面接に来た女性をこの店で働きたいと思わせるだけの営業力が求められるので、バリバリの営業マンと似たメンタリティを持ち合わせています。

 

スリーサイズを聞かれたり、下着姿になることもある…

しかし、面接ではスリーサイズを聞かれたり、下着姿になることを求められることもあります。お店を利用するお客さんによっては、スリーサイズの情報を元に、女の子を指名するからです。

 

また、リストカットの跡やタトゥーのある女の子はお客さんから嫌煙されるので、お店によっては下着姿になってもらいリストカットの跡やタトゥーの確認をします。

 

どうしても不安な女性は面接会場に喫茶店を指定しよう

面接で変なことされないか不安な女性は、喫茶店のような人目のつく場所を面接会場に指定しましょう。また、近年出稼ぎの女性を対象に、写メ・LINE面接などを実施する店舗も増えています。

 

近隣の女性が利用できるか定かではありませんが、面接で変なことされないか不安な女性は、こう言った制度を利用するのも良いでしょう。

※スタッフの人柄を確認できないという意味では、本当に安全を確認するのであれば喫茶店でも良いので顔をあわせることをオススメします。

 

面接で不採用にならないためには?

続いて風俗の面接で不採用にならないために必要なことを紹介します。

 

リストカット跡がある女性は傷口が消えてから面接を受ける

お客さんが嫌がるためリストカットの跡がある女性はお店から好まれません。そのためリストカットの跡がある女性は、ある程度、傷口が消えてから面接を受けましょう。

リストカット癖のある女性が風俗で採用されるコツはこちら

 

また、タトゥーもお客さんから好まれない傾向にあるので、これからタトゥーを検討する女性は、なるべく目立たない位置に入れることをオススメします。

タトゥーがあっても採用されるコツはこちら

 

自分に合ったお店を選ぶ

風俗で指名されるかどうかは、大方、年齢・ビジュアルに対するサービスの値段で決まります。

 

若い女性やビジュアルが良い女性の方が、高いサービス料が支払われる傾向にあるので、お店のランクは容姿のレベルや若さに比例します。

そのため、不採用にならないためには自分のビジュアルにあった店舗へ応募するとよいでしょう。

 

各店舗の募集年齢(※対象年齢の譜前後5歳までOKです)や、女の子の写真を見て判断することをオススメします。

※店舗によっては公式サイト掲載のプロフィール写真と実物に大きな差があります。そのためどのくらいの容姿レベル、スリーサイズが適切か問い合わせてみるのもよいでしょう。

 

面接で友達に同伴してもらわない!

中には友達を一緒に面接に行く女性もいますが、友達連れの女性は採用担当者から好まれません。

 

  • どちらか片方だけ雇いたかった場合、片方を不採用にすると色々と面倒だから
  • どちらか片方がトラブルを起こしたため、両方ともバックれられることがあるから

など友達連れの女性は何かと面倒だからです。友達連れをNGに指定するお店もあるので、面接は一人で行きましょう。

 

採用担当者から好かれる服装を心がける

面接では、清潔感のある服装を心がけ、露出しすぎないようにしましょう

○好まれる服装

  • スカート
  • 靴はパンプス
  • 綺麗な身支度

×NGな服装

  • ワンピース
  • ジーパン
  • 爪先の出る履物

 

上着は畳んで綺麗にかける

会場に到着しテーブルに着席する際には、上着はきちんと畳んで椅子またはハンガーにかけてください。風俗嬢はルーズな女性が多いので、好印象を与えます。

 

言葉遣いなど失礼がないように気をつける

そこまでマナーに厳しくありませんが、最低限の敬語などには気をつけた方が良いでしょう。

 

また、給料や待遇面は事前に聞いた方が良いですが、そればかり聞くと印象が悪くなるので、間に別の話題も挟むようにしましょう。

 

志望動機は、お金を稼ぎたいで問題ない

ですがお金を稼ぐことを一番に志願する女性が多い世界なので、志望動機を聞かれたら『お金を稼ぎたい』と答えても問題ありません。

 

実研修を希望する

もし実研修に抵抗がなければ、実研修を希望することをオススメします。意欲のある女性として映るので採用される可能性が高くなります。

 

会場の近くで電話・タバコは控える

面接前または後に会場の近くで、電話や喫煙は控えましょう。

近くでたまたま姿を見かけることもありますし、大きな声で友達と話していたり、タバコを吸っている姿を見せると、だらしない印象を与えます。

 

面接後の流れ

最後に面接によって採用が決まった後の流れを紹介します。

 

プロフィールを作成する

面接後はプロフィールの作成をします。基本的には面接で確認した内容をもとにお店のスタッフが作成するので、プロフィールに使用する写真を撮影するだけです。

指名が増えるプロフィール写真を撮影するコツについて詳しくはこちら

 

性病検査※一部店舗だけ

店舗によっては、採用後に性病検査を受けます。※検査費用はお店負担です。

風俗の性病事情について詳しくはこちら

 

研修(未経験者の場合)

ヘルスの業務内容を理解してもらうためにも、風俗未経験者は研修を受けます。研修は『口頭やDVDで説明する研修』が主流ですが、中には実技研修をする店舗もあるようです。

 

どうしても不安な方は実技研修の有無を事前に確認しましょう。

▷研修内容について詳しくはこちら

 

体験入店する【希望者限定】

希望者は採用が決まり次第、その日に体験入店できます。体験入店すればその日の内に給料がもらえます。お客さんの多くは新人を好みます。

体験入店は稼ぎやすいので、感覚を掴むためにも体験入店をオススメします。

ソープの体験入店についてはこちら

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.