なぜソープで働く場合は体験入店をしたほうがいいのか

ソープ

更新日:

体験入店は水商売をはじめ、風俗店全般で行われますが、中でもソープランドにおける体験入店は意味合いが異なります。

他の風俗と比べてソープランドにおけるサービスの内容は多岐に渡る上に、サービスの質を求められるため、講習に長い時間をかけなければなりません。

 

一般的な風俗店では体験入店はお試し感覚でできますが、ソープランドにおいてはある程度、研修で実技を身に付けた女性が体験入店の対象になります。

今回の記事では、ソープランドにおける体験入店がどういったものなのか、体験入店を行うメリットも兼ねて紹介していきます。

研修内容について知りたい方はこちら

 

ソープランドにおける体験入店の基礎知識

風俗全般に共通していることは、体験入店は働く女性にとって働くお店を品定めするための制度です。

 

風俗業界における体験入店(体入)とは

体験入店では、お試しにそのお店で仕事をさせてもらえますが、職場の空気や仕事内容を理解することができるため、一般的には複数の店舗の体験入店を経験した上で、働くお店を決めます。

 

1回だけの接客の体験入店も可能

基本的には体験入店とは1日通して勤務することになりますが、風俗店によっては1回の接客だけで体験入店を終わらせることができるので詳しくは問い合わせの際に確認してください。

 

一般の風俗店とソープランドにおける体験入店の違い

冒頭でソープランドにおける体験入店は意味合いが異なると申しましたが、どのような点が異なるのかを説明していきたいと思います。

 

面接日に体験入店できない

ソープランドのサービスは、デリヘルやピンサロなど他業種のサービスと比べて、求められる質が高いため、未経験者がいきなり体験入店を行うことができません。

 

講習の内容が異なる

そのため講習後かまたは講習中だけどある程度、実技の習得ができた段階になって、初めて体験入店を行うことができます。

また一般的な風俗における講習はDVDを通して実技を学ぶだけで終わりますが、ソープランドでは求められるサービスのレベルが高い分、講習はがっちり行われます。

 

ソープ嬢が体験入店を行うメリット

講習がある程度、進めば体験入店を行うことができますが、新人としてお客さんと接客するため、一般のソープ嬢よりも給料は低額です。

 

技術を習得しながらお金が貰える

しかしながら、新人といってもソープ嬢は高収入であることに違いはありません。実技を習得しながら給料をもらえるという意味で体験入店を行うことは大きなメリットでしょう。

 

フリー(指名なしで来たお客さん)を優先的に回してもらえる

また、ソープ嬢の給料は歩合制になりますが、お客さんのつかない新人の内は、固定給が別途で支払われる仕組みです。

体験入店を実施するソープ嬢には実践を積ませなければ、体験入店の意味がなくなってしまうため、フリーのお客さんを優先的に回してもらえます。

 

お店の集客力が確認できる

体験入店の期間中に、そのお店の雰囲気や集客力がある程度、把握できるので自分が実際にそのお店で働いたらどうなるかを想像するために体験入店は有効です。

 

5

ソープランドにおける講習の意義

先ほどから何度も、申している通りソープランドは高いサービス料金をお客さんから頂戴している反面、求められるサービスの質は高いものになります。

特に高級店になるほど、サービスの内容だけでなくお客さんのお出迎えから、お見送りまで高いレベルを要求されますが、それゆえに講習がきっちり行われるのです。

 

面接では知りえない女性の身体のチェック

そしてソープ嬢が講習を受ける理由としては、面接では確認できないことを確認するためでもあります。その子の体臭やタトゥー、リストカット痕などお客さんによってはマイナスと捉える人がいるため、お店側としては確認せざるおえません。

また、どのようなディープキスをするのかチェックされるといいますが、お客さんの中には擬似恋愛目当てで来るお客さんが含まれるためです。そのためキスの仕方がそっけないかどうかも講習の際に、確認されます。

 

経験者でも講習を受ける必要性

未経験者はもちろん講習を受けさせられますが、過去にソープ嬢を経験した女性も再び講習を受けさせられます。

店舗ごとにサービスの内容やシステムが異なるため新たに講習を行う必要があるのですが、特にランクの高いソープランドにおいては過去の経歴に問わず講習は絶対、受けさせらるでしょう。

 

5

未経験者が即日で体験入店をするためには

ソープランドにおいて講習の意味合いの大切さをお伝えしましたが、未経験の女性がいきなり体験入店をす実施することはできないのでしょうか。

 

ランクの低いソープランドに勤める

ソープランドには給料の歩合によってランク付けがされますが、ランクの低い大衆店においては未経験の女性がいきなり体験入店を実施することができるかもしれません。

特に大衆店におけるサービスの時間は短く、マットプレイなどソープ特有のプレイが省略されていることが多いため、講習の内容が楽な傾向にあります。

 

5

良質なお店を探すための体験入店の利用方法

ソープ嬢として良いお店に勤めるために、講習を通してまたは体験入店を通してチェックしておきたいポイントについて紹介していきます。

 

店内の雰囲気を確認する

まずチェックするポイントとして、店内が綺麗に清掃されているか、スタッフ同士の仲が良好かを確認してください。

良いお店ほどお客さんや働くソープ嬢に快適な環境を提供したいと思うので、清掃まで目が届いているはずです。

 

スタッフの対応

また、スタッフの間柄を確認することで、実際に働きやすいお店かどうかがわかります。

スタッフの関係性がピリピリしているお店ほど、経営がうまくいっていない傾向にありため、客足の良さを確認する上で、スタッフの同僚、お客さんへの対応力は確認するべきです。

 

客層

お店によって来る客層は変わりますが、なるべくなら素行の悪いお客さんがいるお店は避けるべきでしょう。

実際にソープランドのサービスは直接、お客さんと触れ合う仕事であるため、乱暴なお客さん、不潔そうなお客さんが来客するかどうか見極めるべきです。

 

同僚のソープ嬢の様子

そして同僚のソープ嬢の反応も確認するべきでしょう。同僚同士ギスギスしていないかどうかによって、どんな職場環境か見定めることができます。

実際に、そのお店で働くソープ嬢の女性と話す機会があれば、それとなく職場の空気や給与について確認してみてください。

 

お店のシステムを確認する

講習や体験入店を通じて、そのお店の給料形態やサービス内容も大事なチェックポイントになります。

 

サービスの内容

ソープランドによってサービスの内容は異なりますが、サービスの時間からプレイ内容について、または尺八、マットプレイなど自分ができるプレイ、そうでないプレイについて知るべきです。

 

給料のシステム

また、給料形態を確かめるためには、お客さんの料金システムから、ソープ嬢に支払われるバックの割合、指名料などをチェックしてください。

また、数は少ないですけどお店によって雑費や欠勤など給料から天引きされる費用もあるので、基本的な給与のシステムと兼ねて確認しましょう。

【参照】「ソープ嬢の給料の相場|稼ぐために必要な5つのこと

 

複数の店舗の体験入店を受けてお店を選ぶ

実際に、本入店をすると、いざお店に合わなかった時に急に辞めるのは、そのお店の系列店舗で働けなかったりと色々と面倒だったりします。

複数のソープランを体験入店することで。どのお店が一番、自分に合っているのかきちんと見定めてください。

 

5

まとめ

ソープランドで働くきっかけは、スカウト経由、ネット・雑誌の求人募集、もしくは知り合いの紹介がほとんどでしょう。

そのいずれかの場合においても、自分に合うお店かどうかは体験入店を通じて、働いてみないことにはわからないと思います。これからソープランドで働くことを検討されている女性が、今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

  • この記事を書いた人

anotherpro

-ソープ

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.