風俗が副業に向く理由と風俗でバレずに働くための知識

ブログ

更新日:

お金はいくらあっても足りません。特に女性の場合は、美容やコスメ代に毎月多くのお金がかかってしまいます。「もっと多くのお金を稼ぎたい…」そんな女性ならば、一度は風俗を副業にすることを考えたことがあるのではないでしょうか?

 

しかしそこで不安になるのが、風俗で働いていることが周囲にバレたりしないか?ということ。

今回の記事ではこうした不安を払拭するべく、風俗が多くの女の子の副業に選ばれる理由や、風俗で働く上で気になるメリット・デメリットなどを徹底解説していきましょう。

風俗が副業に選ばれる2つの最大の理由

今は“安心して風俗で働ける時代”になりました。以下には風俗が副業に選ばれる大きな2つの理由をご紹介します。

 

①時間の融通がきく

体調や急用による欠勤等、風俗業より融通が効く仕事はないと言っても良いでしょう。本業とかけもちしながらでも、風俗では自分の都合のいい時間帯にシフトを組むことが可能です。

例えば本業が17時に終わったら、その後に2時間だけ、という働き方も出来てしまいます。

 

②高収入で日払いが可能

労働時間的にみても短時間で高収入を得られることも理由の一つです。風俗の種類にもよりますが、時給換算にすると大体5000~1万円が平均的な相場だと言って良いでしょう。

日払いや週払いというように、働いた分は比較的すぐにもらえることが多いのも魅力の一つですね。

 

《風俗の給料相場と月の給与のシュミレーション例》

・おっぱいパブ

時給換算3000円 三時間で9000円/週に3日で月に108000円
・ピンサロ時給換算4000円 三時間で12000円/週に3日で月に144000円
・デリヘル時給換算10000円 三時間で30000円/週に3日で月に360000円

風俗嬢の給料事情について詳しくはこちら

 

3

風俗を副業にする上でのメリット・デメリット

ここでは、副業として風俗で働く上でのメリット、デメリットをご紹介します。

 

メリット

 

自由に働きたい時に働いて高収入を得られる

選ばれる理由と重複しますが、勤務時間の自由や給料の豊富さは他の副業の追随を許しません。好きな時にサッと働けて、時給換算で5000円を超えてくるお仕事はほとんどありませんよね。

 

税金対策が出来る

収入が高額なぶん、「たくさん税金を持っていかれるんじゃないの?」と不安に思う女の子もいるかもしれませんが、税金の対応が柔軟に出来ることも風俗の魅力の一つです。

というのも風俗は、書類上は店舗に雇用される形で“個人事業主”として働くことになります。

 

そのため、厳密には風俗で働いた分やお客さんからのプレゼントなども収入扱いとなり、自分で確定申告をして納税を行わなければなりませんが、税務署の税務調査が風俗で働く女の子に入ることは実際にはほとんどありません。

少し言い方は悪いですが、あまり人目につきたくない、でもお金は欲しいと言った風俗嬢のニーズに答えるお店側の柔軟な対応は大きなメリットであると言えます。

風俗嬢の確定申告、マイナンバーの事情について詳しくはこちら

 

デメリット

 

金銭感覚がなくなることがある

簡単に手にしたことのない額を稼げる風俗を続けることで、昼間に働く意義を見失い夜しか働く意欲が湧きづらくなるのは、良い面でも悪い面でもあります。

 

会社バレや周囲バレするリスクがある

同僚や上司、家族や彼氏など、知られたくない人に知られてしまうリスクがあること。これが最も大きなデメリットではないでしょうか?

しかし、100%周囲バレしないとは言い切れませんが、絶対に周囲に知られたくないということを店舗側に伝えることで、アリバイ作りへの協力をしてくれたり、

 

広告への顔出しをNGにしてくれるなど、融通をきかせてくれることが大半です。バレないためのコツについては次項でも詳しく解説していきましょう。

風俗のバレ対策について詳しくはこちら

 

3

まとめ

今回の記事で、どうして副業に風俗業が向いているのかがお分かり頂けたと思います。

デメリットさえ気をつければあなたの人生を金銭的にも、経験的にも豊かにしてくれますから、実際に風俗で働く場合には少しの勇気と要点を抑えた知識が大切です。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

anotherpro

-ブログ

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.