風俗勤務がマイナンバーが原因でバレにくい理由と脱税にならないための知識

バレ対策

更新日:

2015年から始まったマイナンバー制度。これにより、『風俗店で働いていることが周囲にバレる』、『脱税で摘発される』などの不安を感じた女の子は大勢いるでしょう。

 

今回の記事では、マイナンバー制度の導入により風俗嬢へどのような影響があるのか、脱税で摘発されないために必要なことや、マイナンバー制度の導入により周囲へバレやすい風俗嬢の特徴を紹介します。

 

【オススメ記事】

 

マイナンバー制度の導入により周囲へ風俗店勤務がバレるの?

まず、マイナンバー制度の導入により周囲へバレることはほとんどありません。

 

風俗とは別に会社員として働いている場合、年末調整の際に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しなければならず、この書類にはマイナンバーを記載しなければなりません。

 

税務署からすれば、会社以外でも収入を得ている可能性があり、総所得を確認するためにも、従会社から支払われた給料をマイナンバーに紐付ける必要があるからです。

 

税務署は、マイナンバーは会社と風俗店の双方から給与が支払われていることがわかりますが、会社は他のどこから給与を得ているのか把握できないので、会社にバレることはないでしょう。

 

4

風俗嬢はマイナンバーにより脱税のリスクを気をつけるべき!

マイナンバー制度は、行政の手続きを簡略化することを目的に導入されました。

税務上は、マイナンバーを通して各個人がどこから給与をもらっていたのか、また事業者はどこにお金を支払っていたのかが、把握しやすくなったため、マイナンバー制度の導入前と比べ脱税することが難しくなりました。

 

お金の出所や行き先を曖昧にしていた風俗店は少なくないため、税務上、実際に支払われている金額より給料をもらっていないことになっている風俗嬢は少なくないでしょう。

 

手渡しで給料を貰っている風俗嬢は少なくないと思いますが、マイナンバー制度の導入後は、多くの風俗店は税務署へ各風俗嬢へ支払った金額を申告しています。

 

確定申告した給与額と比べて、実際に貰っている給与の方が高額だった場合、延滞税が課され、より多くの税金を納めなければなりません。

【参考】「延滞税について|国税庁

 

では、きちんと確定申告を行うためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

雇用契約の有無を確認する

まず、勤務先の風俗店へ雇用契約されているかどうかを確認しましょう。

一般的にアルバイトや会社員の場合、雇用契約が結ばれ、源泉徴収(所得税が引かれた状態)された状態で従業員へ給料が支払われるため、確定申告時に追加で納税する必要はありません。

 

対して風俗店の多くは、風俗嬢と雇用契約を結ばず、業務委託契約を結んでいるため、源泉徴収されず、確定申告時に税金を納める必要があります。

 

早めに納税額を把握し確定申告の準備をする

もし雇用契約を結んでいなかった場合は、確定申告に向けて納税のためのお金を用意しましょう。給与の額によっては納税額も高くなるので、できれば毎月、必要な納税額を計算し、納税用の貯金することをオススメします。

 

また、納税の計算や確定申告は簡単ではないため、確定申告の準備をする方は「弥生会計ソフト」を利用しましょう。

確定申告すべき風俗嬢の特徴、確定申告の流れについて詳しくはこちら

 

4

風俗店勤務がマイナンバーでバレるケース

マイナンバー制度の導入により周囲へ風俗店勤務がバレることはほとんどないとお伝えましたが、ここでは例外的にバレる可能性のあるシチュエーションを紹介します。

 

家族の扶養に入っている

旦那さんや親など家族の扶養に入っている方は、給料の額によって扶養から外れてしまうので気をつけてください。

 

扶養控除は年収103万円を超えると適用されず、扶養者が年末調整の際に提出する書類の内容が変わるので、扶養に入っている方でバレを防ぎたい方は、103万円を超えない働き方を心がけましょう。

※配偶者の場合は年収103万円を超えると配偶者特別控除が適用されます。配偶者特別控除は年収が201万6千円以上になると適用されなくなります。

参考:「配偶者控除|国税庁

 

 

高所得者である

税務署は脱税を取り締まるために税務調査を行いますが、多額の税の回収が見込めるため、所得が高い方のほうが税務調査が入りやすいと言われています。

 

税務調査が入ったために家族から怪しまれる可能性もあるので、風俗で高収入を稼いでいる方は気をつけてください。

 

社会保険に加入している

正社員や週4〜勤務で働く方など社会保険の加入者は、住民税が天引きされた状態で給料が支払われます。

住民税は、総所得を元に算出されるため、風俗で貰っている給料分、多くの住民税が天引きされることを会社の経理の方が不審に思うかもしれません。

 

もし、会社から不審に思われることを心配される方は、風俗嬢として稼いだお金の分の住民税は自分で確定申告しましょう。

会社の給料と風俗の給料を別々に納税することで、会社から怪しまれづらくなります。

 

4

風俗で働いていることがバレないために必要なこと

風俗勤務がバレる原因は、マイナンバー制度の導入より

  • お金遣いが荒くなった
  • 生活リズムが変わった←同居人が怪しむ
  • 店舗のスタッフからの連絡を見られた

などが原因のことが多いようです。もし周囲の方へのバレを防ぎたい方は、

  • なるべく貯金する
  • 一人暮らしをする
  • 店舗スタッフからの連絡はサブアドレスを使用する

などを心がけることをオススメします。

風俗嬢のバレ対策についてもっと知りたい

家族に怪しまれた時のアリバイ対策が気になる

 

  • この記事を書いた人

anotherpro

-バレ対策

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.