風俗嬢がエイズ感染を防ぐには?感染するプレイについて解説!

病気

更新日:

風俗で働く上で、エイズに感染するリスクを心配される女性もいるでしょう。

風俗勤務が原因でHIVに感染したAV女優の騒ぎがあったことからも、これから風俗で働く女性は、エイズ対策への意識を高めるべきだと思います。

参照:AV女優のHIV陽性判明、感染発覚以降も撮影は行われた|livedoornews

 

この記事ではエイズ感染のリスクのある風俗のプレイ、エイズにかからないためにできることを紹介します。

風俗嬢がエイズ感染する可能性があるプレイ

風俗でエイズに感染する可能性があるプレイは以下の通りになります。

  • コンドームを着用しない本番行為(通称:NS)
  • コンドームを着用しないフェラチオ
  • コンドームを着用しないクンニ
  • アナルファック

 

アナルファックは特に危険

中でもアナルファックは、エイズ以外にもあらゆる病気になるリスクが高いです。

お尻の穴の中や、大便には様々な菌があると言われています。また肛門内は傷つきやすく、傷口から観戦するため、アナルファックは危険なのです。

 

キスは感染しない

意外に思われるかもしれませんが、キスだけでは感染しないと言われています。HIVは血液、精液、膣内分液などに含まれていると言われており、唾液には含まれていないからです。

 

2

風俗嬢がエイズ感染しないためには?

では風俗嬢がエイズに感染しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

なるべく大手店舗または高級店で働く

風俗のエイズ事情に詳しい女医の方が、安い風俗で感染者が増えているそうです。

参考:「梅毒&エイズが急増…「安い風俗で感染」と女医が警鐘|livedoor news

 

格安店ほど経営状態に余裕がなく性病検査や衛生管理に手が回らないためだと思われます。

そのためエイズに感染しないためには、なるべく高級店か、経営母体がしっかりしている大手の風俗店で働くことをおススメします。

 

ソープのような本番ありの店は控える

風俗の中でもソープランドは本番行為があります。他の風俗と比べエイズのリスクが高いので、ソープランドで働くことを控えることをおススメします。

 

またヘルスでもお客さんが本番行為を求めてくることがありますが、断りましょう。もし断ってもしつこい場合は、お店のスタッフへ通報しましょう。

 

必ずNS、NNはしない

ソープランドで働く場合は、NS(生挿入)やNN(生中出し)は行わないようにしましょう。お客さんが求めてきた場合は、やんわり断るか、しつこい場合は、お店のスタッフへ報告してください。

 

アナル、スカトロプレイはNGに設定する

中にはアナルやスカトロプレイをオプションで用意しているお店もあります。先ほどお伝えした通り、危険性が高いので、アナルやスカトロプレイはNGに指定しましょう。

 

身体の負担のない範囲で働く

体力の低下は感染のリスクを高めるので、なるべく無理のない範囲で働きましょう。また生理中は、感染のリスクが高まるので、事前に生理出勤を共有した上で、出勤しないようにしましょう。

 

プレイ前の消毒を徹底する

不衛生の環境下でのプレイは、感染のリスクを高めます。そのためプレイ前は、互いの体を念入りに石鹸できれいにし、イソジンを使ってうがいしてください。

 

お客さんとタオルを共有しない

タオルを介してエイズを感染することがあると言われています。そのためお客さんとタオルは共有しないようにしましょう。

 

エイズの検査を定期的に受ける

HIV感染してもエイズが発症する前に、HIV感染を発見することができれば、エイズの発症を防げる可能性が高くなります。万が一HIV感染しても早期発見するためには、定期的なHIV検査が必要です。

 

医療機関はもちろんですが、保健所を使えば無料で診断できます。

  • この記事を書いた人

ユーリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-病気

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.