風俗嬢が行うデリケートゾーンの黒ずみ・ぶつぶつへの対処方法

美容

更新日:

デリケートゾーンに黒ずみやぶつぶつがあると汚い印象を与えてしまいます。そのためデリケートゾーンの黒ずみやぶつぶつに悩む女性は少なくありません。

特に風俗のようなデリケートゾーンを見せる機会が多い職業に就く女性は、デリケートゾーンの黒ずみやぶつぶつがきになるようです。

 

お客さんにリピーターになってもらうためにも、風俗嬢はデリケートゾーンを綺麗な状態に保たなければなりません。

この記事ではデリケートゾーンに黒ずみやぶつぶつができる原因や、黒ずみを防ぐためにできること、できた場合の対処方法を紹介します。

デリケートゾーンに黒ずみができる原因とは?

黒ずみの原因はメラニンです。メラニンは肌を外からの刺激から守るものであり、外から刺激が与えられるとメラニンが出るため、症状として肌にメラニン色素(黒ずみ)が表れます。

 

乾燥

黒ずみは冬のような肌が乾燥する時期に起こりやすくなります。乾燥すると外から刺激を受けやすくなるからです。

 

摩擦

そして石鹸でゴシゴシ洗ったり、掻いたりなど摩擦により肌が刺激されると、メラニンが出るため、黒ずみます。

 

かぶれ・炎症

肌がかぶれたり、炎症したりすると、刺激から肌を守るため色素が溜まりやすくなるそうです。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると肌の状態が悪くなり、刺激を受けやすくなるため、ちょっとした摩擦でも黒ずむと言われています。

 

6

デリケードゾーンが汚く見えるのは黒ずみだけではない!

黒ずみ以外にも、乾燥する時期やホルモンバランスの乱れによりブツブツや、ニキビが出来たります。ブツブツは肌の状態が弱くなるとできニキビは雑菌の繁殖により起こるそうです。

 

ムダ毛処理でできた傷口からバイキンが入ったり、洗いすぎで肌が摩擦されたことによりこういった症状は出ます。

 

 

6

風俗嬢がデリケートゾーンに黒ずみを作らないための習慣

では風俗嬢がデリケートゾーンに黒ずみやブツブツ、ニキビを作らないために、日頃からどのような生活を心がければよいのでしょうか?

 

規則正しい生活をする

風俗嬢は職業柄、不規則な生活スタイルに陥りやすいです。生活リズムの乱れや栄養バランスの偏りは、肌にストレスを与え、結果外からの刺激に弱くなるので黒ずみができやすくなります。

 

そのため生活スタイルが乱れていると自覚のある場合は、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

部屋に除湿機をつける

乾燥した場所でいると肌はダメージを受けやすくなります。特に風俗嬢は、出勤中は冷暖房が完備された部屋にずっといなければなりません。

 

そのため除湿機をつけるなどして部屋の湿度を保ちましょう。

 

水分をきちんと取る

水分不足になると肌は乾燥します。そのためこまめに水分を摂るようにしましょう。

お茶やコーヒーのようなカフェインは利尿作用が強いため、できれば水やスポーツドリンクのような体液に近い飲み物が良いでしょう。

 

サイズに合わない下着を着けない

サイズが小さい下着を着けると、デリケートゾーンは蒸せます。

汗をかきやすくなるので、雑菌がたまりやすくなります。雑菌がたまると黒ずみはもちろんニキビができやすくなるので、自分のサイズに合った下着を装着しましょう。

 

6

風俗で黒ずみを作らないためのお風呂での過ごし方

風俗嬢は仕事柄、日に何度もシャワーを浴びなければなりません。当然、シャワーの回数が多くなるほど肌荒れを起こしやすくなります。

 

お風呂・シャワーの温度はぬるくする

肌荒れを起こさないためにも、お風呂やシャワーはぬるめの温度に設定しましょう。お湯が暑いと肌に刺激を与えます。またぬるま湯は身体が温まるので、血行が良くなり肌がきれいになります

 

ゴシゴシ洗わない

ゴシゴシ洗うと肌を傷つけるので、こするのではなく当てるようなイメージで体を洗いましょう。また良く泡立てた泡で洗うと肌が傷みづらくなります

 

弱酸性かつ保湿成分のある石鹸・ソープを使う

なるべく弱酸性で保湿成分の石鹸またはソープを使用してください。市販で良く売られている安物の石鹸はアルカリ性なのに対して、肌は弱酸性です。

 

アルカリ性の石鹸は肌には刺激が強いので、なるべく弱酸性の石鹸が好ましいと言われています。弱酸性でかつ保湿成分が含まれていることが多いので、デリケートゾーン専用の石鹸を購入するのも良いでしょう。

 

日に何度も身体を洗う風俗嬢は特に石鹸には気をつけた方が良いので、お店に置いとくことをオススメします。

 

風呂上がりにクリームで保湿する

乾燥すると肌が傷みやすくなるので、風呂上がりは必ず専用のクリームで保湿してください。

 

6

すでにデリケートゾーンに黒ずみやぶつぶつがある女性はどうすれば良い?

以上が黒ずみやぶつぶつを予防する方法ですが、すでにデリケートゾーンに黒ずみやぶつぶつができてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?

 

黒ずみクリームや黒ずみ石鹸を使う【市販で済ませる場合】

病院に行く時間がない女性は、黒ずみを取り除くために黒ずみクリームや黒ずみ石鹸を使いましょう。

 

皮膚科で薬をもらう

しかしできれば病院で診てもらった方が良いので、時間のある方は病院で薬を処方してもらってください。

 

おそらく塗り薬と飲み薬が処方されます。塗り薬は黒ずみを表面的に取り除くものですが、飲み薬は内側から黒ずみができる原因を取り除くものです。

 

レーザー治療を受ける

どうしても黒ずみをすぐ取り除きたい女性は、病院でレーザー治療を受けることをオススメします。

 

6

黒ずみやぶつぶつがあるけど風俗に出勤しなければならない

中には黒ずみやぶつぶつができちゃったけど、風俗のお仕事を休めない女性もいるでしょう。もしその状態で出勤するのであれば、お客さんへデリケートゾーンを見せないように心がけましょう。

 

バックのようなデリケートゾーンが見えるプレイは控え、なるべく女の子主体でプレイすると見られることを回避できます。

 

また、69や放尿プレイのようなデリケートゾーンが見られるプレイは、スタッフへ相談して事前にNGに設定しておきましょう。

  • この記事を書いた人

ユーリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-美容

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.