風俗嬢のキスへの本音とキスに抵抗がある女性の働き方

仕事内容

更新日:

多くの風俗店でキスは基本プレイですが、キスに抵抗がある風俗嬢は少なくありません。キスに抵抗があると稼ぎに影響が出ますが、どうしてキスに抵抗があるのでしょうか?

 

この記事では、『風俗嬢のキスに対する本音』、『お客さんの風俗におけるキスの本音』、『キスに抵抗のある風俗嬢の対処法』を紹介します。

 

【オススメ記事】

 

風俗嬢の多くはキスが嫌い?キスに対する風俗嬢の本音

意見

冒頭でもお伝えした通り、キスに抵抗のある風俗嬢は多いようです。

 

否定派の意見

  • 行為そのものが生理的に受け付けない
  • 『タバコの臭いや口臭が耐えられない』
  • 歯周病、性病をうつされたくない
  • 『好きな人以外とキスをしたくない』

など、キス否定派からは、「生理的にキスが受け付けない」といった意見が目立っています。

 

肯定派の意見

  • 仕事だから仕方がない
  • 『清潔感のある男性なら抵抗はない』
  • 小鳥キス、ほっぺやデコにキスなら我慢できる

反対に、キス肯定派の方は、仕事として割り切っている女性が多いようですが、肯定派の方も『ディープキスは我慢できない』女性がほとんどのようです。

 

 

3

風俗に通うお客さんのキスに対する本音

怒り

キスが嫌いな風俗嬢が多い一方で、風俗に通うお客さんの多くはキスを楽しみにしています。

 

色恋を楽しみたいから、キスは必須である

お客さんの多くは、『恋愛が上手くいっていない』、『仕事のストレスから解放されたい』など恋人気分を味わうために風俗に来ているので、風俗でキスは必須だと考えるからです。

 

義務感でやられると白ける

白けた

しかし、キスが需要があるからといって業務的に風俗嬢がキスを行うと、『イヤイヤ、キスしてくれているのだろうな』と感じるため、お客さんの多くはげんなりします。

 

ディープキスがないと物足りない

風俗嬢の多くは、ディープキスを耐えられないと感じますが、反対に愛を確かめ合う行為であるためほとんどのお客さんはディープキスを求めるようです。

 

3

キスが苦手な風俗嬢はどうすればいいの?

お客さんから求められたキスを断ると、次回指名してもらえないだけでなく、掲示板で噂されることもあります。キスに抵抗がある風俗嬢はどうすれば良いのでしょうか?

 

素人女性を演じながら、ソフトなキスでごまかす

もしどうしても風俗が苦手な女性は、素人で純粋な女性を演じましょう。まだ風俗に慣れていない女性には、ハードな注文をしづらくなるからです。

 

ぎこちなソフトなキスや、別れ際にほっぺやおでこにキスをしてあげると、お客さんからの好感度が上がるかもしれません。

 

他のプレイでカバーする

どうしてもキスが苦手な女性は、接客やその他のプレイに力を入れましょう。

 

  • 笑顔で挨拶する
  • 手コキ、フェラ、素股のテクニックを磨く
  • プレイ中はお客さんが射精できるように集中する
  • 69やごっくん、おナニー鑑賞など他の風俗嬢がNGに設定するプレイを解禁する

 

などのことを心がけると指名がもらいやすくなります。

接客スキルについてはこちら

 

NGに設定できる風俗店を探す

多くのヘルス、ソープではキスは基本プレイに含まれますが、中にはキスをNGに指定できるヘルスやソープもあるそうです。

 

キスに抵抗があるけどヘルスやソープで働くことを検討している女性は、キスをNGに設定できる風俗店を探しましょう。

 

ソフト風俗で働く

キスをしたくない女性は、風俗の中でも、サービスの内容がソフトな『オナクラ』、『エステ』、『性感マッサージ』で働くことも検討しましょう。

  • オナクラ:お客さんのオナニー鑑賞や、手コキで射精するサービスの仕事
  • エステ・性感マッサージ:男性の性感帯を刺激(乳首舐めとか)して、手コキで射精するサービスの仕事

 

サービスは女性主導で行われるため、キスをする必要がない上にお客さんから触られる必要がありません。

  • この記事を書いた人

anotherpro

-仕事内容

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.