風俗嬢は生理当日どうすれば良い?生理に備えて事前にできること

仕事内容

更新日:

風俗で働く女性は、出勤日と生理が重なったらどうするのでしょうか?

生理中は風俗の仕事に大きな支障が出るため、これから風俗で働く女性、現在風俗で働いている女性の多くが気になる問題です。

 

この記事では出勤日と生理が重なった場合、風俗嬢がどうすべきなのか、生理と出勤日が重ならないために事前にできることを紹介します。

風俗嬢は出勤日と生理が重なったらどうするの?

現在、風俗で働く女性が、出勤日と生理が重なったらどうすれば良いのでしょうか?

 

海綿を使用する

もし出勤するのであれば、海綿を使用するのが一般的です。海綿はスポンジのようなもので、水分を吸い込むため、膣の中に入れると生理中に経血を吸い取ってくれます

 

また、タンポンと違い、ヒモが出ないのでお客さんから、使用していることが気付かれにくいです。

 

使用上の注意点

大き過ぎると取り出せなくなるし、小さすぎると経血がキャッチしきれず、血が漏れてしまうので、自分にあったサイズの海綿をつけましょう。

 

長く入れると匂いがきつくなるし、不衛生なので、お客さんごとに変えてください。また万が一、とりだせなくなったら先輩の風俗嬢へ助けてもらいましょう。

 

欠勤する

お休みをいただくのも一つの手段です。近年の風俗では当日欠勤について厳しく言われない傾向にあり、店舗によっては生理休暇などの制度が利用できます。

 

特にソープランドのような膣の中を積極的に利用する風俗では、お休みをいただくべきです。体調がきついなと思ったら、スタッフへ報告しましょう

 

2

風俗嬢が生理に備えてできること

続いて風俗嬢が生理に備えて事前にできることを紹介します。

 

事前に生理周期を伝えておく

まず店舗スタッフへ生理周期を事前に伝えておきましょう。生理周期に備えて事前に準備ができるので、当日休んでも店型が人員を確保しやすくなるからです。

 

休みに融通が利く移動型風俗で働く

ホテヘルのような店舗型風俗は、部屋数が限られているので、出勤できる人数に限りがあります。お休みされると、代わりの女の子が見つからなければ、その部屋で得られたであろう、利益が得られなくなります。

 

対してデリヘルやホテヘルのような風俗は、部屋数に限りがなく出勤人数に制限がありません。そのため店舗型と比べて休みが取りやすいので、生理が不安な女性は移動型の風俗で働くと良いでしょう。

 

指入れのない必要がないソフト風俗で働く

生理に関わらず働きたい女性は、膣の中へ指入れの必要がないソフト風俗で働くことをオススメします。

 

【指入れのないソフト風俗の例】

  • 回春エステ
  • おっパブ
  • オナクラ
  • 手コキ
  • チャットレディ など

 

生理日の指入れや69はNGに指定する

もしヘルスやピンサロのような指入れされる可能性がある風俗で働いている場合、生理日における指入れや69など膣の中をいじられるプレイはNGに指定しましょう。

 

膣の中をいじられると海綿の存在がバレますし、身体への負担が大きくなるからです。

 

規則正しい生活を心がける

必ずしも同じ周期に生理が来るとは限りませんが、生理周期を安定させるためにも、生理不順を起こさないようホルモンバランスを整える必要があります。

 

ホルモンバランスが乱れないためにも、適度な運動や、ストレッチを定期的に行う、栄養バランスのある食事に気をつけるなど、規則正しい生活を心がけましょう。

 

ピルを服用する

生理周期が安定するため、ピルを服用すると風俗で働きやすくなります。幾つか注意点があるので、病院の先生と相談した上で利用を検討しましょう。

ピルの服用について詳しくはこちら

 

お休みをいただく場合、スタッフへ早く報告する

生理日と出勤が重なった場合、なるべく早くスタッフへ報告しましょう。早く報告するほど、お店側も代わりの女の子を見つけやすくなるからです。

  • この記事を書いた人

ユーリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-仕事内容

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.