風俗嬢が写メ日記を使って効果的に集客するコツを教えます!

仕事内容

更新日:

風俗で働くと、お店から写メ日記を書くように勧められます。

写メ日記は活用の仕方によっては、集客しやすくなるので、お店にとっても女の子にとっても稼げる額が上がるからです。

 

この記事では、風俗で働く女性に向けて、効果的な集客のコツを紹介します。

風俗嬢が写メ日記を書くべき理由

写メ日記を見るのはお客さんです。

 

お客さんは、初めて指名するかもしれない女の子がどんな女性なのかを確認したいから、また過去に指名した女性の近況が気になるために日記を見ます。

 

新規のお客さんを増やすため

風俗のサービス料は安くないので、失敗しないためにも指名した子と気が合うのかを確認するために、日記を見るお客さんは少なくありません。

 

店舗のプロフィールに掲載された写真は加工(パネルマジック)されていたりするので、どんな女の子かを知る上で写メ日記は必要なのです。

 

過去指名したお客さんにリピーターになってもらうため

お客さんに気に入ってもらっても、リピーターになってもらえるとは限りません。

来店してもらったその日は『また指名したいな〜』と思っても、日が経つにつれ忘れてしまうことがあるからです。

 

風俗のサービスは安くないので、どうしても次の来店までに間隔が空いてしまいます。次また風俗に行きたいと思った頃には、別の風俗店に目移りするかもしれません。

 

お客さんから忘れてもらわないためにも、写メ日記は効果的です。

来店直後は記憶に新しく、指名した女の子のことを知りたい気持ちが強いので、定期的に写メ日記を更新して、お客さんに見てもらう習慣をつけましょう。

 

4

風俗の写メ日記で投稿すべき内容

では、風俗嬢は写メ日記でどのような内容の投稿をすれば良いのでしょうか?

 

出勤予定日と出勤報告【必須事項】

まず日記を投稿する際は、毎回、出勤予定日を必ず投稿してください。お客さんも予定が合わせやすくなり、指名されやすくなるからです。

また、出勤日当日は、出勤報告のために投稿しましょう。

 

指名してくれたお客へ向けて感謝の気持ち【必須事項】

出勤した日の終わり、または翌日に指名してくれたお客さんへ向けた感謝の気持ちを投稿しましょう。

できるだけ各人に向け来店時のエピソードなどを交えて、感謝の気持ちを伝えましょう。

 

当たり障りない内容と比べ、来店してくれた方は特別扱いされたと思い、嬉しく感じるので、次の指名に繋がります。

 

エッチな写真

これらの情報だけでは新規のお客さんは囲えません。新規のお客さんに興味を持ってもらうためにも、新規のお客さんが興味あることを投稿する必要があります。

 

お客さんはエッチなことを目当てに風俗を利用するので、やり過ぎない範囲でエッチな投稿をすると興味を持ってもらいやすくなります。

特に写真は文章と比べてわかりやすいので、効果的です。投稿する写真は、胸や局部を手で隠したり、撮った後にスタンプで隠すと良いでしょう。

 

チラ見は、お客の想像力をかきたてられ、来店時の想像がしやすくなるからです。

  • お尻
  • 生足

 

は定番のパーツです。また、スタイルに自信のある女性は、体全体を写すと良いでしょう。

 

スタイル良く見せるコツ

投稿する写真は、スタイル良く見せるに越したことありません。スタイルの良い女性は、男性にとってエロく見えるからです。

  • 斜め45度上から撮影する
  • 片足だけ曲げ撮影する(足が長く見えるため)
  • 少し体を斜めにして撮影する

 

などの点を意識しながら撮影すると、スタイル良く見せることができます。また、スタイルに自信がない女性は、胸やお尻を一部分だけチラ見せするのもありです!

 

お客さんが気になるエッチな質問に答える

日記を通して、お客さんが気になるであろうエッチな質問に答えるのも良いでしょう。

【例】

  • 『お風呂に入る時は、どこから洗うの?』
  • 『セフレはいますか?』
  • 『性感帯はどこですか?』
  • 『〇〇を舐められるのは好きですか?』

 

ネタが切れたらプライベートな内容を投稿する

出勤情報やエッチな内容だけではネタが尽きると思います。

 

そのため、投稿する内容に困ったら、今日食べた物や、今日のファッション、ペットの写真など日常的なことをつぶやくのも良いでしょう。

 

しかし、ファンのお客さん以外にはそこまでウケないので、プライベートな内容はほどほどに控えましょう。

 

4

風俗の写メ日記で投稿すべきでない内容

写メ日記では何でも投稿して良いわけではありません。投稿する内容によっては、お客さんから引かれてしまい、逆効果になることもあります。

 

投稿すべきではない内容については、以下でまとめたので気をつけましょう。

  • 加工し過ぎた写真←実は不細工なのかと疑われる
  • 待機中をアピールした内容←不人気だと思われる
  • 過去の投稿と同じ内容←やる気ないと思われる

 

4

投稿する時間帯はお客さんの生活スタイルに合わせよう

投稿する時間帯によって、お客さんが目にする割合が変わります。

 

できればお客さんの目に留まりやすい時間帯に投稿すべきなので、お客さんの手が空いてる時間帯を見計らって投稿の時間を決めましょう。

 

お客さんの生活スタイルは、来店する曜日、時間帯でわかると思うので、出勤時間が決まっている女性は、出勤時間から投稿する時間を決めると良いと思います。

 

平日の夜にシフトが入っている場合

例えば平日の夜、出勤する女性の場合、お客さんの多くは朝起きて夜まで働く社会人が多いでしょう。

 

そのため、通勤時間に合わせて

  • 朝の8時〜10時
  • 夕方17時〜19時

に投稿すると読んでもらえる可能性が高くなります。

 

深夜勤務(0時〜)の場合

デリヘル嬢など深夜働く女性の場合、飲食店やカラオケ店など夜遅くまで働くお客さんが多いでしょう。

 

お昼まで寝ていると思うので、

  • 正午
  • 23時〜

に合わせて投稿すると良いと思います。

 

早朝勤務(AM5:00〜)の場合

オープンから働く女性の場合、夜勤明けの方か、定年を迎えた高齢者の方にお客さんが多いと言われています。

 

  • 早朝の時間帯
  • 夜20時〜

に合わせて投稿すると良いでしょう。

  • この記事を書いた人

ユーリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-仕事内容

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.