風俗嬢のストーカー予防対策と被害時の対処法

仕事内容

更新日:

風俗嬢の中には、ストーカー被害に遭う女性が一定数います。

風俗のお仕事は色恋の要素があるので、風俗嬢に本気で恋するお客さんは少なくありません

 

プライベート、お仕事に支障が出るので、風俗で働く際は、ストーカー被害を起こさないように気をつけるべきでしょう。

この記事では、風俗でストーカーするお客の特徴、被害に遭いやすい女性の特徴、被害を防ぐコツ、被害に遭った場合の対処法を紹介します。

風俗で注意すべきストーカーしそうな客の特徴

最初に、ストーカーに豹変する可能性が高い、風俗のお客さんの特徴にまとめました。

  • 見栄っ張りで、学歴、収入を自信してくる
  • 女性慣れしていなさそう
  • 告白してくる
  • プレイよりもイチャイチャしたがる
  • 連絡先をしつこく聞いてくる
  • 無視してもしつこくメール、電話をしてくる

 

これらに該当するお客さんがいた場合は、要注意です。

 

5

ストーカー被害に遭いやすい風俗嬢の特徴

続いてストーカーに遭いそうな風俗嬢の特徴についてまとめました。

  • 恋に依存しやすい
  • 八方美人な性格である
  • 人をすぐに信じてしまう
  • 人に同情しやすい
  • 飽きっぽい
  • 時間を守るのが得意でない
  • 面倒な付き合いが嫌い

 

これらに該当する女性は、被害に遭わないように注意してください。

 

5

風俗嬢がストーカー被害に遭わないためには?

ではストーカー被害を避けるために、風俗で働く女性はどうすれば良いのでしょうか?

 

お店の女の子、スタッフとお客情報を共有する

まず怪しそうなお客さんがいた場合は、お店の女の子や、スタッフへ情報を共有しましょう

 

互いに危ないお客さんの情報を共有すれば、事前に対処できます。

 

しつこいお客さんはNGにする

断っても連絡先を聞いてきたり、プライベートで会うことを求めてくるお客さんがいたら、お店のスタッフへ相談して、指名禁止にしてもらいましょう。

 

アフター、同伴など期待を持たせる言動は控える

指名を増やすために、アフターや同伴など外で会ったり、お客さんに恋愛を期待させるような発言をする女の子もいます。

しかし、お客さんを上手にコントロールできないのであれば、そのような言動は控えるべきです。

 

身バレ対策をきちんと行う

ストーカー被害に遭う女性は、お客さんに住まいや勤務先の情報など身元がバレていることが多いです。

 

身元がバレないような対策をきちんと行いましょう

身バレ対策について詳しくはこちら

 

電話、メールの内容は記録する

しつこく連絡してきたりするお客さんの、メール、電話の内容はきちんと記録してください。

 

ストーカー規制法違反の証拠になるので、警察へ被害届を提出する際、事件として扱ってもらいやすくなります

 

防犯ブザーを常備する

防犯ブザーはカバンの見える箇所につけておきましょう。防犯ブザーをつけているだけで、相手に警戒してることを伝えることができ抑止力になります。

 

また襲われそうになった場合でも、ブザーを鳴らすことで相手を威嚇できます。

 

5

もしストーカーに遭ったらどうすれば良い?

続いてストーカー被害に遭った場合の対処法を紹介します。

 

お店のスタッフへ報告する

直ちにお店のスタッフへ報告してください。出禁にしてくれますし、警告してくれるかもしれないので、被害を抑えることができるかもしれません。

 

またお店の人には送ってもらうようにしましょう。

 

出勤時間を変え、夜の退勤は控える

なるべく出勤時間は変えてください。公式サイトを見れば、出勤時間は大方、把握できますが、相手も仕事など空けられる時間には限りがあるので、多少は効果があるでしょう

 

また、夜になる前に終わる時間帯に出勤するようにしましょう。明るい時間帯であれば、ストーカーを抑制する効果があります。

 

弁護士や公的機関へ無料相談する

弁護士に相談するのも一つの手段です。対処方法について教えてもらえますし、事務所によっては無料相談に対応しています。

 

また法テラスや消費者生活センターのような公的機関へ相談すると、無料で対処法について教えてもらえます。

 

警察へ通報する

被害に遭った場合、すぐに警察へ相談しましょう。事件性がある、または法律違反であることを法的に主張できれば、警察も動いてくれるかもしれません。

 

警察が対応してくれる場合は、以下の3つのステップで動いてくれます。

  1. ストーカー行為をやめるよう警告
  2. 禁止命令の発令【警告を無視した場合】
  3. 命令違反による罰則【発令を無視した場合】

 

5

ストーカー規制法に反する行為と罰則の内容

警察へ通報する際、ストーカー規制法に反していることを法的に説明できると、動いてもらいやすくなります。

最後に、この法律に該当する行為と、反した場合の罰則の内容を紹介します。

 

つきまとい行為、ストーカー行為に該当する内容

ストーカー規制法に反する行為として、つきまとい行為と、ストーカー行為の二つがあげられます。

 

【つきまとい行為】

  • 尾行
  • 職場、学校に押しかける行為
  • 待ち伏せ
  • 監視行為
  • 交際を求める行為
  • 贈り物を無理やり渡す行為
  • 乱暴な言動、メール
  • 無言電話
  • しつこい電話、メール など

 

【ストーカー行為】

・これらのつきまとい行為を繰り返し行う事

参考:ストーカー行為|警視庁

 

罰則の内容

またそれに対する罰則の内容は以下の通りになります。

 

つきまとい行為に該当した場合

50万円以下の罰金、

 

ストーカー行為に該当した場合

1年以下の懲役または100万円以下の罰金

  • この記事を書いた人

ユーリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-仕事内容

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.