風俗嬢の親子関係のリアルと親バレせず働くコツ

バレ対策

更新日:

親子関係に頭を悩ませる風俗嬢は少なくありません。娘の風俗勤務を快く受け入れられる親はほとんどいないため、親バレしないように心がけるのが一般的です。

この記事では、一般的な風俗嬢の親子関係がどうなっているのか、娘が風俗で働くことに関する親の本音、親バレせず風俗で働くコツについて紹介します。

 

風俗嬢のリアルな親子関係

風俗で働いていることに罪悪感を覚える風俗嬢は少なくありません。

 

疎遠になっている

就職、結婚が上手くいかず、風俗に行き着くパターンを、風俗嬢からよくみられます。

そのような女性の多くは、親の期待に応えられないことに気まずく感じ、親と積極的にコミュニケーションをとりません。

 

そのため実家にいても親としばらく口をきいていない、または一人暮らしをしていてたまに連絡はするが実家にはあまり帰らない女性は多いです。

 

親子で仲が良い

その一方で、親子関係が良好な女性も風俗にはたくさんいます。

  • 会社員として働いている傍ら、副業として風俗で働いている
  • 子供のことを信頼しているので、あまり親から干渉されない

 

など、このような女性は、親子で共に自立しているケースが多いようです。

 

 

4

親公認の風俗嬢の特徴

中には親公認の風俗嬢もいます。

 

親が水商売関係で働いている

母親が水商売である、父親がデリヘルを経営していたなど、元々、理解を得やすい環境で育った女性に、親公認の風俗嬢は多いです。

 

シングルマザーで育てられた

また、親公認の風俗嬢の中には、母親に女手一つで育てられた家庭の女性の割合も高いと言われています。

親に心配かけたくない、早く自立しなければといった気持ちから、風俗で働く若い女性をよく見かけます。

 

貧乏子沢山の家庭である

親があまり働いていないのに兄弟または姉妹が沢山いるような家庭では、長男、長女が親と兄弟・姉妹の面倒をみるのが一般的です。

風俗の面接では、実家に仕送りをする目的で応募する女性は少なくありません

 

普通のアルバイトでは兄弟・姉妹の生活費、学費は稼げないので、仕方なしに風俗で働くことを選ぶようです。

 

親から干渉を受けない年齢である

30代、40代にもなると親から過度な干渉を受けません。10代、20代前半の頃と比べ、娘の選択にそこまで厳しく言われないので、親公認の風俗嬢には、ある程度、年齢の高い女性が多いようです。

 

4

娘が風俗嬢とわかった場合の一般的な親の反応

親公認の風俗嬢がいるといったものの、多くの親は『恥ずかしい』、『期待していたのに裏切られた』、『もっと体を大切にして欲しい』など娘の風俗勤務に対してマイナスの感情を抱きます。

 

退職させる

そのため娘が風俗で働いていたことがわかると、お店まで出向いて無理やり退職させるケースは多いです。

 

絶縁状態になる

また退職させられなかったとしても、親から勘当され、絶縁状態になることは覚悟した方が良いでしょう。

 

4

風俗嬢が親バレしないためには

以上のことから、親にバレないよう対策は練っている風俗嬢が大半です。

 

仕事内容について考えておく

親にバレないようにするためにも、風俗で働いている時間何をやっているのか、またどうやって生計を立てているのかを説明できるようにする必要があります。

 

勤務時間が不規則な仕事にする

一般的には、倉庫や看護師など勤務時間が不規則な仕事で働いていると親に伝えます。デリヘルのように深夜働く必要がある場合、ごまかしやすくなるので効果的です。

 

過去に働いたことある仕事にする

また説得力がなくなるので、経験のない職種は避けましょう。職務経験が乏しい女性に関しては、キャバクラで働いていることにするのが無難だと思います。

 

※アリバイ会社の利用について

架空の職場で働いていることにするとどこかでボロが出るので、アリバイを偽装してくれるアリバイ会社を利用する風俗嬢も少なくありません。

アリバイ会社について詳しくはこちら

 

地元の人間には絶対に相談しない

誰かに風俗で働いていることを相談したくなることがありますが、その際に、地元の人間へ相談することはオススメしません。

地域の人間同士の繋がりや親同士の繋がりから、風俗で働いていることが家族へ知れ渡るリスクが高くなるからです。

 

社会保険、税金について答えられるようにしておく

風俗嬢は、お店と雇用関係を結びないのが一般的です。一般の企業と違い、社会保険に加入することもなく、源泉徴収票が渡されることはありません。

 

社保に加入していれば健康保険や年金、税金に関する書類が自治体から送られてくることはありませんが、未加入の場合、送られてきます。

 

税金、健康保険の書類が送られてきたため、親に仕事を怪しまれるケースも少なくないので、『保険料を引き落としにし、自治体から書類が送られてこないようにする』、『勤務先は非正規で働いていることにする』など辻褄が合うようなアリバイを考えておきましょう。

 

一人暮らしをする

同居していると、自治体から書類が送られてくる以外にも、生活スタイルの違いから風俗で働いていることがバレることが多いです。

一緒に暮らしていると隠せないところもあるので、親バレを防ぎたいのであれば、なるべく一人暮らしをしましょう。

その他、バレを防ぐ方法について詳しくはこちら

  • この記事を書いた人

ユーリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-バレ対策

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.