性感エステの仕事内容(サービスの流れ)・給料のまとめ

ソフト風俗

更新日:

性感エステとは、マッサージと簡易的な性的サービスが行われるエステと風俗が合体したサービスです。ソフト風俗として人気のお仕事ですが、どこまで性的なサービスをしなければならないのでしょうか?

 

この記事では性感エステの仕事の流れや、性的サービスの具体的内容、給料について紹介します。

性感エステの仕事内容(サービスの流れ)

性感エステは、店舗型、移動型(デリバリー、ホテル)に分けることができます。

 

お迎え

店舗型に関しては、各自部屋で待機しながら来客を待ち、お客さんが来たらお迎えします。一方、移動型は、お客さんから電話で指名が入ったら、指定の場所(ホテルや自宅など)へ出向きます

 

店舗型に関しては来客時にお金の支払いを先に済ませますが、移動型に関してはお客さんと顔を合わせたら、自己紹介を済ませた上で、お金を受け取らなければなりません。

※店舗によっては先にスタッフが回収します。

 

シャワーを浴びてもらう

自己紹介を済ませたら、お客さんにはシャワーを浴びてもらい、その間、アロマオイルの準備をします。オイルの種類は、先にお客さんに選んでもらってください。

 

店舗によっては一緒にお客さんとシャワーを浴びたり、シャワーとマッサージがセットになっていることもあります。

 

全身へのオイルマッサージ

シャワーが完了したら、専用の服に着替えてもらい、マッサージ開始です。マッサージは、アロマオイルを全身になじませながら行い、並行してハンドマッサージを行います。

 

下半身への集中マッサージ

全身へのマッサージを終えたら、下半身へ集中的にマッサージをします。大事なとこに触れるか触れないか、ギリギリのところをマッサージしてあげると喜ぶお客さんが多いです。

 

フィニッシュ

焦らしながらも徐々に下半身をいじってあげ、最後は手コキでイカせてあげましょう。アロマオイルやローションを塗ってあげるとイキやすくなります。

 

お客さんがその後の会話を楽しみたいとリクエストがあった場合は、早くイカせてあげるべきですが、一般的には手抜きだと思われるので、5〜10分残すぐらいが良いです。

 

シャワー

無事サービスを終えたら、最後はシャワーでオイルを流してあげましょう。シャワーを終え、終了時間を迎えたらサービス終了です。

 

4

性感エステでなるべく性的サービスをしたくない方へ

性感エステの基本サービスは、服を着たままサービスが行われるのが一般的であり、オプションとしてトップレスやフルヌードがあります。

 

※店舗によってはコスプレを着たり、トップレスやフルヌードが基本サービスに含まれる場合や、ヘルス同等のサービスが求められることもあります。

 

比較的サービスの内容がライトと言われていますが、お客さんの多くは、ヘルスまでではないが、ある程度は性欲を発散したいと思っています。

 

デリバリー型ではなく店舗型を選ぼう

もし、エッチなことを無理やりさせられないか不安な方は、デリバリー型ではなく店舗型の性感エステで働きましょう。

 

デリバリー型ではお客さんと個室で二人きりにならなければなりませんが、店舗型の多くは半個室であり、近くにスタッフがいるからです。

 

苦手なオプションはNGに設定する

また苦手なオプションについてはNGに指定しましょう。NGに指定したオプションは、注文できない仕組みになっています。

 

事前にサービス内容を確認する

お店によって、基本サービスにトップレスが含まれているなどサービス内容が異なるので、事前にサービス内容について確認しておきましょう。

 

また、回春エステを売りにしているお店は、下半身への奉仕が多い傾向にあるので避けましょう。

 

4

性感エステの給料の相場

続いて性感エステの給料について紹介します。

 

基本(バック)給料の相場

まず、一回のサービスで渡されるバックは6,000〜9,000円/分が相場です。

  • バック:6,000円~9,000円/60分
  • 日給;2〜3万円/1日

 

オプションバック

基本バックに加えて、オプションがオーダーされるとオプションバックが給料に追加されます。各オプションバックの相場は以下の通りです。

  • トップレス:1,000〜1,500円
  • オールヌード:2,000〜2,500円
  • 顔面騎乗:2,500〜3,000円

 

4

性感エステに向いている女性の特徴

性感エステは、マッサージが含まれているため、ソフト風俗の中でもハードルが低いと思われがちですが、マッサージは力仕事ですので体力がない人には向かないかもしれません。

 

お店によってマッサージ中心の店もあれば、性的サービスの比重が高いお店もあるので、一概には言えませんが、働く前に自分に合っているのか検討すべきでしょう。

 

【性感エステのメリット】

  • ヘルスよりは性的サービスがライト
  • ロングコースが入りやすくやりようによっては稼げる(マッサージが含まれるため)
  • オールヌードを断れるので生理中でも働ける

 

【性感エステのデメリット】

  • 高収入を得るには多くのオプションを解禁する必要がある
  • マッサージの技術が求められるので、その日の内には働けない

これからのメリット・デメリットを踏まえると、以下に該当する女性が性感エステに向いているでしょう。

 

【性感エステに向いている女性の特徴】

  • 高収入でなくて良いのでライトな仕事内容が良い
  • マッサージに自信がないが性的サービスにそこまで抵抗がない

※マッサージに自信がない女性は性的サービスを磨いた方が指名がもらいやすくなります。

  • 生理期間中でも働ける風俗が良い
  • マッサージの技術を覚えたい

  • この記事を書いた人

ユーリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-ソフト風俗

Copyright© ナイトワークのノウハウ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.